期待と不安のシェアハウス事情を徹底解析!

>

知っておこうシェアハウスの豆知識

単身のみならず子連れでも入居できるハウス

現在、日本では、離婚や未婚、死別等の理由でいわゆる「シングルマザー」と呼ばれる方が少なくありません。
シングルマザーは、仕事をしながら子育てを1人で全て担うため、母親の身体への負担はもちろん、子どもの環境面において「寂しい思いをさせてないか」など精神的にも負担がかかります。
仕事でなかなか時間が取れないことから、ママ友も作れず、気軽に相談できる人もいない場合もあります。
しかし、「シングルマザー」限定のシェアハウスが存在します!
単身同様、家賃が安く抑えられる利点はもちろんですが、同じ境遇ということから、親同士は色々な面で支え合えたり、相談なども気軽にできる環境となります。
また、子ども同士も寂しい思いをせず、兄弟のように一緒に遊んだり、学んだりできることも大きいでしょう。
親子共々、同じ境遇だからこそわかる悩みなども共有でき、心の負担も軽減できるのは大きなメリットと言えます。

運営会社が開催!就職や留学イベント!?

シェアハウスを運営する会社では、シェアハウスならではのイベント開催をしています。
その中には、就職や転職を希望している方のエージェントとなり、仕事の斡旋を目的にしているところもあります。
また、交換留学を希望する方は、実際に海外へ留学をするのは費用も掛かりますが、日本に居ながら交換留学が体験できる「シェアハウス間留学」があります。
これは、シェアハウスに契約したまま、一定期間、別のシェアハウスへ住むことです。
運営会社が企画するイベントには、他シェアハウスとの交流もありますが、それは時間も限られてしまうため、一ヵ月間生活を共にすることで、より親睦を深めてもらうことも狙いです。
シェアハウスは、単に家賃が安いという空間的なものではなく、様々なニーズに合わせたものが増えてきています。
住人間では、仕事上の関係は一切ないため、年齢や業種が異なっても、皆がフラットな関係で話や、つきあいができることも魅力です。


この記事をシェアする