期待と不安のシェアハウス事情を徹底解析!

>

家賃だけで決めるのは危険!契約時の注意点

入居前に確認しておきたいトラブル実例

シェアハウスと単身居住の大きく異なる点は、複数の他人と生活するところです。
住人同士でワイワイできる、帰っても1人じゃないので寂しくない、などの意見もありますが、楽しいことだけではなくトラブルもつきものです。
今まで実際にあったシェアハウスでのトラブルとして、まずは「金銭トラブル」です。
住人同士でのお金の貸し借りで、関係がこじれた例は少なくありません。
万一のこともあるため、お金の貸し借りは、しない方が賢明でしょう。
また、シェアハウス内での盗難トラブルもよくあり、被害対象は、お金やブランド品など様々ですが、共有部分には置かないなど、自分自身でしっかりと管理が必要です。
次に、無視、仲間外れなどの「人間関係トラブル」です。
シェアハウスの良い点は、他人とコミュニケーションがとれることでもあるため、その部分が崩れてはシェアハウスの意味が無くなってしまいます。
内覧時に、住人の雰囲気なども見ておきましょう。

女性だけのシェアハウスは安心?大変?

シェアハウス内トラブルの中には、男女のセクシャルハラスメント問題も多くあります。
女性が被害に遭うことが多いため、そのようなトラブルを回避するために、女性専用のシェアハウスも多々存在し、ニーズも多いようです。
女性専用ならば、その点の心配や恐怖も無く、安心できますが、女性のみの場合は、女性ならではのトラブルもあります。
それは、コミュニケーションを取る際に、話題作りから悪口、噂話、下ネタを選んでしまう方がいます。
盛り上がりやすい話題ではありますが、悪口などは嫌いな人も多いので、話題選びは慎重にすることが、円満に関係を構築していくコツです。
また、会話の際は、必要以上に話すのではなく謙虚さが重要です。
仕事、恋愛、今までの色々な経験などは人それぞれなので、自分の自慢や他人を見下す行為は、やめましょう。


この記事をシェアする