シェアハウスを借りる際に注意したい3つのこと

期待と不安のシェアハウス事情を徹底解析!

知っておこう!シェアハウスのメリット・デメリット

シェアハウスを選ぶ上で、優先すべき点は、家賃、立地等様々ですが、その中でも自分の中でしっかりと優先順位をつけて検討しましょう。 場所によっては家賃などは賃貸物件と変わらないシェアハウスもありますので、まずは自分の中での目的と優先順位を明確にすると、自分の求めていた物件に出会える確率が高くなるでしょう。 ...続きはコチラ

家賃だけで決めるのは危険!契約時の注意点

今はシェアハウスに似た「脱法ハウス」が多く存在します。 家賃がとても安く、保証人も不要、駅からも近い!と一見、好条件の物件に見えますが、脱法ハウスは、建築基準や消防法を満たしていない場合が多いため、条件だけでの判断は危険です。 また、不動産会社を通さない業者は、契約内容にも不備が多いこともあります。 ...続きはコチラ

知っておこうシェアハウスの豆知識

シェアハウスの入居希望者は、地方から上京してきた方、海外留学を目指す学生などの単身者のイメージが大きいですが、現在のシェアハウスは、シングルマザーや高齢者向けのものも展開があります。 シェアハウスならではのメリットも多いため、検討してみてはいかがでしょうか? もちろん、デメリットも把握しましょう。 ...続きはコチラ

自分の優先順位をしっかり決めてから選択

テレビでシェアハウスが舞台となった「テラスハウス」をきっかけに、シェアハウスへの認識も高くなってきました。
シェアハウスは、1つの住居を複数の他人が居住空間として共有することです。
メリットとしては、家賃が安く抑えられる、友達ができる、孤独を感じにくい、住みたいところに住める、他人から学べることが多いなどがあります。
特に、海外留学を目指している人や海外に興味のある人などは、外国人入居者がいるところで、普段の生活に国際交流を取り入れ、文化や言語を勉強できる点も大きいでしょう。
ルームメイトの紹介から、友人関係が広がったり、普段では出会えない人脈の人と知り合えたり、職に就けたなんて人もいるようです。
また、異業種の方の話や、年齢が全く異なる方の意見などを身近に聞けるのも、自分の世界観を広げることに繋がったりと、1人暮らしではなかなか味わえないところが魅力です。
しかし、楽しいことばかりではなく、デメリットもあります。
赤の他人と生活を共にすることは、少なからず気も使いますので、ストレスに感じてしまう人もいるようです。
他人との接触が苦手な方や、神経質な方は向いてないかもしれません。
また、他人同士だからこそのトラブルもあります。
これは、シェアハウスごとに異なるかもしれませんが、トラブルにならないよう予めしっかりとルールが決められているかもポイントです。
特に共有部分に関しては、住人同士の共通意識や他人への配慮を持てるかどうかも重要で、メリットの部分を最大限に活かすためには、その部分を全住人が意識し守れるかどうかによります。